輸入食材のダイニングプラスは、ヨーロッパを中心とした世界中の美味しい食材をみなさまのご家庭へお届けします。



冷凍パン 冷凍ケーキ ソーセージ・生ハム セット商品 レシピ アウトレット
カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)








業務用

お買いものはこちらから
セキュリティー
左メニュー・下部 (LEFTMENU_BOTTOM.html)
ブレス産バターの特徴 歴史 生産者エトレ AOC認定 AOCバターについて


フランスの新たなAOPバター登場!

『純粋な詩のような・・・』と表現されたバター


ノルマンディー地方のイズニー、エシレ村を始めとするポワトーシャラント地方に続き
3番目にAOP認定を受けたブレス産のバターです。
「ブレス地方」…フランス中東部に位置するアン県を中心とする地域が昔のブレス州で、現在もブレス地方と呼ばれています。 最高の鶏肉といわれるブレス鶏をはじめ、シャロレー牛やコンテチーズ、グルヌイユ(食用カエル)なども有名です。
ブレスAOPバターは、ブレス産の牧草とトウモロコシを主に餌とし、1年の半分以上を放牧されて育つモンベリアルド種(茶と白のフランス原産の乳肉兼用種)の牛乳を主に使用して作られています。

たんぱく質を多く含むモンペリアルド種の牛乳は、餌に含まれるトウモロコシにより脂質分が高められ、さらに水分を適度に含むブレスの土壌が育む青々とした牧草により色合いと香りも濃くなり
※1、バターになった時に他のバターにはみられない力強いコクと香りを生みだします。


以前からAOP認定を受けている2地域、西部のノルマンディ地方やポワトー・シャラント(エシレ村等)地方のバターがホルスタイン牛の乳から作る上品な色の白いまろやかバターであるのに対し、若干野趣的とも表現できる、色の濃い、ナッツやクルミを思わせるコク深い味わいを持つのがこのブレスAOPバターです。
 ※1 バターの色や香りは季節により変動します。青草の少ない冬はバターの黄色身が薄く、夏は濃くなります。
商品ページリンクバナー
ローマ時代には食用というよりもスキンクリームなどとして使われていたというバターは、実は貧しい人達が食べるものと見なされていたそうです。

その美味しさが認められて人気が出てきたのは17世紀頃。
中世は主に北フランスで使われてきたバターでしたが、ノルマンディ地方やシャラント地方の良質なバターを使うようになったパリの宮廷料理が、宮廷に憧れる上流階級を通じて徐々にフランス中に広がっていきました。

ブレスでバターが生産されはじめた年代ははっきりしませんが、
19世紀の小説家、ヘンリー・ジェイムズがブレスを訪問した際の回顧録として、「そのバターは純粋な詩のようなもの。1〜2リーブル(500g〜1s)を平らげたものだ。」と書いたのは1877年。

また、19世紀末頃から、リヨンが美食の都と言われる理由のひとつとなった”リヨンの母(メール リヨネーズ
※2)”達の名声を高めるのに貢献したのはブレスの良質なクリームやバターがあったからとも言われています。

そうして人気の出てきたブレス産バターは、当時は各農家ごとに作られており、大変手間がかかるため、1930年代には各農家がミルクを持ち寄ってバターを作る共同体が作られ始めます。

その結果、均質で良質なバターがまとまって作られるようになり、数々のコンクールでメダルを取るなど、他の有名生産地に引けを取らない良質バターとして、ブレス地方料理にととまらず、フランスの他の地方でも使われるようになりました。
 ※2 19世紀末から20世紀初頭にかけて上流階級の料理人をしていた女性たちが、自分たちのお店を開いて人気を博したことから、彼女たちをメール リヨネーズと呼ぶ。

ブレスのAOPバターは、リヨンから北東約70q、アン県のエトレ酪農協同組合(通商「エトレ」)により製造されています。

エトレは、「自分たちの自慢の牛乳で高品質な伝統的製品を作りたい」と地元エトレの酪農家たちにより1936年に設立されました。
彼らの作るAOPバターは、厳しい審査の末、AOP認定を受けた20件の酪農家から毎日運ばれる新鮮な牛乳を使用し、伝統的な「チャーン」製法でバターマイスターと呼ばれる熟練の職人の手により丹精こめて丁寧に作り上げられています。
エトレ社外観
2012年5月 その申請から10年の歳月を経て、フランスのバター生産地域としては25年ぶり3番目にAOPとして認められました。

バターの効率的生産地としては、後発のブレス地方ですからAOP申請も遅れたのですが、その間に認定を行うINAO(Institute National de l'Origine et de la Qualite/フランスの原産地呼称委員会)では、たくさんの確認項目が作られてきました。

その確認項目ひとつひとつを丁寧にクリアしていった結果、申請から認定まで10年もかかってしまいました。 INAOのホームページで"Beurre de Bresse(ブレスのバター)"の項目を見ると、製法から準備方法、などがひときわ細かく定められています。
AOCとは
商品ページリンクバナー
商品ページリンクバナー


ブレス産AOPバターを使い、ドゥミセル(加塩)タイプのバターを作りました!
(塩がブレス産ではないため、AOP認定を受けておりません。)
加塩タイプ商品画像 フランスでは無塩タイプに並んで人気のドゥミセル(加塩)タイプのバター。
ですが、ブレスは海のない内陸の地。
残念ながら海塩も岩塩も取れないのです‥‥。

それでも人気のドゥミセルタイプを熱望する声。

そこで、隣接するアルプス地方の岩塩を使って美味しいバターを作りました。

ブレスバター ドゥミセル(加塩)

岩塩は、粒状でバターに入っているので、時々、舌にその粒を感じます。バターのミルク味に混じって、塩の粒があたり、クセになる美味しさです♪併せてお試しください!!

「ブレスAOPバター」、「加塩タイプ」  商品ページはコチラから↓ 商品ページリンクバナー
ナッツやミルクを思わせるコク深い味わいを持つブレスAOPバター
※この商品は冷凍でお届けさせていただきます。
共通フッター (COMMON_FOOTER.html)
■ 配送・送料について

配送温度帯は、主に「冷凍」便となります。(一部、冷蔵・常温商品あり)

● 冷凍商品のみ=冷凍便
● 冷凍商品&冷蔵・常温商品=冷凍便(別送希望可能)※別途送料がかかります。
● 冷蔵商品&常温商品=冷蔵便

冷凍と分けて冷蔵(常温)商品の発送についての詳細は、コチラから>「別送送料」
■ お問い合わせ

お問い合わせフォームは>コチラ

フリーダイヤル:0120-590-143/平日9時半〜17時
◇ ご注文合計金額7,000円以上で送料無料

お買い上げ金額(消費税込み)の合計により以下の送料がかかります。

● 4,000円未満の場合:送料972円
● 4,000円以上5,500円未満の場合:送料756円
● 5,500円以上7,000円未満の場合:送料432円
● 7,000円以上の場合:送料無料

お届け日のご指定が可能でございます。
17時までのご注文で翌営業日発送(最短)、それ以降は翌々営業日となります。
詳しくは、コチラから>「送料配送について」
■ お支払方法

クレジットカード(手数料無料)
※ WEB注文の方のみご利用可能です。

代金引換(手数料257円)
※ ご注文合計金額が5,500円以上で無料となります。
※ ご注文者様と配送先が異なる場合お選びいただけません。

コンビニ/郵便局後払い用紙(手数料324円)
※ ご注文合計金額が5,500円以上で無料となります。
※ 審査がございますのでお時間がかかる場合がございます。
※ 商品と別に郵送で振込用紙が届きます。

■ 返品/キャンセルについて

〇返品・交換
商品の性質上、原則として返品・交換は受付けておりません。

〇キャンセル・変更
商品の性質上、原則としてキャンセルは承ることができませんので、ご注文内容をよくご確認いただいてからご注文ください。
※出荷当日の変更、追加はできません。
(繁忙期や遠方の場合の出荷日は到着予定日の前日とは限りませんので、ご不明な場合はフリーダイヤルにてお問い合わせくださいませ。)
なお、ご注文の内容にアウトレット商品が含まれる場合はお時間に余裕があっても、3件以上のおまとめ処理はできかねますので、予めご了承くださいませ。

〇不良品・商品違い
商品の品質・配送につきましては万全を期しておりますが、万が一不良品または ご注文と異なる商品が到着した場合、48時間以内にお問い合わせ窓口までご連絡ください。
Copyright © 2007-2017 DINING PLUS CORPORATION
Other photo credit
当サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
本文中に記載されている製品名等は、各社商標または登録商標です。
当サイトはMicrosoft Internet Explorer 6.0以上で最適化しております。
画面解像度は800*600以上でご覧下さい。