ドイツのB級グルメ代表!カリーヴルスト|スタッフ海外体験記|海外食品通販サイト ダイニングプラス(公式)

新着記事

ドイツのB級グルメ代表!カリーヴルスト|スタッフ海外体験記

2019/11/20 09:30

ドイツのB級グルメ代表!カリーヴルスト

ドイツと言えば、ビールとソーセージを思い浮かべますよね。
ソーセージの中でもベルリンが発祥と言われるカリーヴルストは、今やドイツ全国で楽しめるB級グルメ。
その存在は、まさに大阪のたこ焼きのよう。

ちょっとした街角や駅の構内にもたこ焼き・・・いえ、カリーヴルストのスタンドが。
先日も、デュッセルドルフの鉄道駅の構内で発見!

>プリッと旨みたっぷりカリーヴルスト用ドイツソーセージはこちら
>万能調味料!ジューシーなカリーヴルスト用カレーソースはこちら



ドイツの駅は切符がなくても駅の構内をウロウロできて、中にはサンドイッチ屋さん、スーパー、本屋さんなど、
たくさんのお買い物スペースがあります。

この日はちょうど雨の日曜日。
せっかくなので、最近、駅の近くにオープンしたという大型スーパーに行ったら、日曜日はなんと休み!
日本では考えられない!と一人ぶつぶつ文句を言いながら、仕方ないので駅の方へ。

夕方の駅の中は用事を済ませて帰ってきた人や、観光客などでごった返しています。

そんな中、ちょっと昔風に見えるカリーヴルストのスタンドがスタイリッシュなパン屋さんの隣にありました! 
しかも結構繁盛しています!

お買い物帰り風の女性の一人客。親子とみられる二人連れ。家で楽しもうと持ち帰りの車椅子の男性。
旅行中らしい英語を話す女性3人。そして私。

メニューはソーセージだけで、全部にパンが付きます。



手前の鉄板では2種類のソーセージがジュウジュウと香ばしく焼かれ、奥のオーブンではプチパンが焼かれています。

一番人気はやはり、カリーヴルスト。
専用のマシンの穴にソーセージを入れると、きれいにカットされて下から出てくる。それを耐油加工された紙皿で受ける。
そこにたっぷりのカリーソースとカレー粉をふりかけてフォークを刺したら、ペーパーでつかんだパンと共に『はい』と手渡し。



スタンドの横は台になっていて、そこで食べるシステム。

甘いケチャップ味のカレーソースとカレー粉に優しい味のソーセージたっぷりつけて、時折ちぎったパンをカレーソースに絡めて食べる。

>モチモチ優しい味のカリーヴルスト用ドイツソーセージはこちら
>万能調味料!フルーティーなドイツ産カリーヴルスト用カレーソース



買っていく人々、駅を通る人々の様子を見ながら食べるカリーヴルストは温かくお腹を満たすと共に旅の思い出ともなるのでした。


<ダイニングプラスについて>
2001年事業開始、「dancyu」や「日経プラス1」など、メディア紹介多数。こだわりプロ愛用の美味しい海外食品を1パックからお届けする食品通販です。商社直営。

>海外食品通販「ダイニングプラス」はこちらから