幸せな朝食 in Amsterdam|スタッフ海外体験記|海外食品通販サイト ダイニングプラス(公式)

新着記事

幸せな朝食 in Amsterdam|スタッフ海外体験記

2020/01/20 09:00
海外出張先での朝食は基本的にホテルでとるようにしています。
仕事の関係で主にヨーロッパのいろんな国を回りますが、朝食は意外とその国を知るきっかけにもなるものだと思うからです。

でも、時には近くのカフェに出かけて朝食をとりたくなる時もあります。
それは近所に素敵なカフェを見つけた時。朝食を出すカフェはたいてい早朝から営業しているので、前日に営業時間を確認しておくのです。

アムステルダムは毎年展示会で訪れる町ですが、カフェ文化が盛んです。
時間を問わず、素敵でカジュアルなカフェが多く、たいていメニューには美味しそうな軽食も載っています。
もちろんブランチ、ランチ、ディナー使いもOKなカフェですが、美味しい朝ごはんの魅力は万国共通なのでしょう。
人気店は朝からにぎわっているのです。

今回はそんな幸せ朝食のカフェに2日連続で行ってしまったお話しです。

ホテルから歩いて20歩ぐらいのところにそのカフェはありました。
ヨーロッパの人達が大好きなテラス席もあります。
行ったのは5月ですから朝はまだダウンジャケットが欲しくなる寒さです。なのでお店の中でいただくことにしました。



店内はカウンターになっていて好きなパンやドリンクを買って帰ることもできるようになっていて、その横には中二階に続く短い階段があります。 1日目はカウンターの手前にある席で外を眺めながらいただくことにしました。
セットメニューがいろいろあって、どれを選ぼうかとても悩みます。 悩んだあげく、いろいろ入ったセットにしてみました。



新鮮な半熟のゆで卵とオレンジジュースとコーヒー、クロワッサンやライ麦パンなどがもりもり入ったパンかご、そしてフルーツも一緒に盛られたコールドカットのプレート。
ここで重要なのがコーヒー。アムステルダムのコーヒーはアメリカンタイプでたっぷり出てきます。嬉しい。。。

オランダです。チーズはハードタイプでしっかり厚めのスライスが種類違いで3枚。
付け合せのピクルスも酸味がしっかりあってハムに良く合います。

大満足の朝食だったのですが、横目に他の人が食べているプレートを見て、心の中で「あれが食べたい・・・」

そして2日目
一晩経ってもその横目に見たプレートが忘れられず、行ってまいりました!



サラダたっぷりのスモークサーモンと卵の朝食プレートです!
そうでした、ヨーロッパでも北海に面する国であるオランダはニシンやサーモンも美味しいんです!

たっぷりサラダには日本ではあまり見かけないフヌイユ(フェンネル)の葉と茎(根に近い膨らんだところ)が入っています。 レモンの効いた上品なドレッシングで、きれいに全体を和えてあって、「やっぱりこのお店、間違いない」と心の中で小躍りしました。 そのレモン味のサラダにねっとりと濃厚なスモークサーモンが合わないはずがない!

そして卵は前日と同じく半熟で、バターを塗ったライ麦パンをとろりとした卵黄部分に付けてみたり、ほんのり酸味のあるパンとサーモンと合わせてみたり。

ちなみにこの日は紅茶を選びましたが、それはティーパックでした。「ここはロンドンではなかった。。。」
でも嬉しいのは一緒に持ってきてくれたたっぷりのお湯とチョコレート。

2日連続の幸せな朝食でした。


<ダイニングプラスについて>
2001年事業開始、「dancyu」や「日経プラス1」など、メディア紹介多数。こだわりプロ愛用の美味しい海外食品を1パックからお届けする食品通販です。商社直営。

>海外食品通販「ダイニングプラス」はこちらから