6月スキンレスソーセージのアペロ"

今月は「アメリカン スキンレ スソーセージ」
を使ったレシピです。
皮なしだからこそ、一般的な
ソーセージとは別の楽しみ方で
味わってみてください。



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

調味料をからめやすい皮なし
ソーセージは、和中韓、エスニックの
味付けにも馴染むもの。
フライパンで焼いて餃子のタレで
食べても美味しく、キムチとの
相性もよいものです。
今回ご紹介するのは醤油と酒、砂糖
の合わせ調味料で甘辛く味付けした和風味。
副菜に、そしてアペロ向きの一品として
日本酒はもちろん、ロゼなどワインにも
合わせてお楽しみください。



使用した食材はこちら

スキンレス ソーセージ商品を見る


6月のアペロレシピ

アメリカンソーセージとカボチャの甘辛炒め


レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ アメリカンソーセージ:4本
◇ かぼちゃ:正味120g
◇ ピーマン:1/2個
◇ 長ネギ:1/4本
◇ ミョウガ:1個
◇ 太白ごま油またはサラダ油:小さじ2
◇ 醤油:小さじ1
◇ 酒:小さじ1
◇ 砂糖:小さじ1/2




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

カボチャはタネを除き、皮をところどころ削り、小さな乱切りにして茹でる。




作り方2

ピーマンは角切りにする。長ネギは粗く刻む。ミョウガは縦半分に切り、斜め薄切りにする。




作り方3

フライパンに太白ごま油を熱し、ピーマン、長ネギ、ミョウガを炒め、いったん取り出す。




作り方4

5等分の輪切りにしたアメリカンソーセージを炒める。ソーセージから脂がにじみ出てきたら、茹でカボチャを加え炒める。




作り方5

合わせ調味料(醤油、酒、砂糖)を全体にからめ、レモン果汁、3を加えて仕上げる。


memo
醤油の代わりにナンプラー、唐辛子を加えてピリ辛にするのもおすすめ。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

スキンレスソーセージ
アメリカでは朝食用ソーセージとして大人気の食品




食材2

ミョウガ
歯ごたえとピリッとしたアクセントに




作り方に戻る


もう一品

レタスカップに盛り付けて

もう一品

醤油のかわりにナンプラーを使い、赤唐辛子も加えたエスニック風味。
レタスカップに盛り付け、レモンを絞って。
冷たい日本酒、あるいはロゼワインとともにいかがでしょうか。

レシピ と 写真・上野万梨子さん





上野さんに質問!
素朴な疑問、教えてください!



Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん

2021年6月アペロディネ アメリカンスキンレスソーセージ



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「パリのしあわせスープ 私のフランス物語」(世界文化社)「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes



1