8月メルゲーズのアペロ

シャルキュトリ
「メルゲーズ ムートン生ソーセージ」
を使ったアペロレシピです。

ソーセージは可愛くコロコロサイズにカットしてクスクスと合わせてどうぞ♪



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

粗挽きの羊肉を唐辛子やクミン、コリアンダー
などのスパイスとニンニクで味付けした、
エキゾチックな風味の生ソーセージです。

フランスではバーベキューにも
よく使われるもので、そのスパイシーな風味は
ビールや辛口ロゼワインで
楽しむのが一番です。



使用した食材はこちら

メルゲーズ商品を見る


8月のアペロレシピ

メルゲーズのタブレ



レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ メルゲーズ ムートン:2~3本
◇ スムール(クスクス):50g
(A★)
★ 水:80ml
★ オリーブオイル:小さじ1
★ ハチミツ:小さじ1(アカシアなど)
★ クミンシード:小さじ1弱
★ 塩:小さじ1/4

◇ きゅうり:小1本
◇ オリーブオイル:大さじ2
◇ レモン(果汁):大さじ2
◇ イタリアンパセリ:粗刻み大さじ3
◇ ミント:粗刻み大さじ2
◇ プチトマト:6個
◇ レモン(表皮):少々




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

クミンシードはすりつぶしておく。

小鍋に(A★)を入れて火にかける。
煮たったらスムール(クスクス)を加えて火を止め、ひと混ぜしたら蓋をして5分蒸らす。

memo
クミンパウダーを使ってすりつぶす手間を省いてもよい。




作り方2

蒸らしたスムールはヘラでかき混ぜ、温かいうちに、皮をむき小さく角切りしたきゅうり、オリーブオイル、レモン果汁を加え混ぜる。




作り方3

メルゲーズは1cm幅の輪切りにし、オリーブオイル少々を熱したフライパンで炒め、冷ます。




作り方4

2にフライパンに残ったメルゲーズの焼き油、粗く刻んだイタリアンパセリとミント、小さくカットしたトマト、レモン表皮をおろしたものを加える。


memo
この時全て加えずに盛り付けの仕上げ用に少し残しておく。

ミントの代わりにコリンアンダーの葉(パクチー)でも良い。




作り方5

お皿に盛りつけて出来上がり。

食べるときは、全体を混ぜながらがおすすめです。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

イタリアンパセリ

縮みパセリに比べて香りが強く柔らかい食感。




食材2

スムール(クスクス)

デュラム小麦を粗挽き後に加工したパスタの一種。




食材1

クミンシード

エスニックな香りがカレーには欠かせないスパイスの一つ。




作り方に戻る


レシピ と 写真・上野万梨子さん





上野さんに質問!
素朴な疑問、
教えてください!



Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん
Q DP


上野万梨子さんのプチプチサラダ、つぶつぶタブレ

スムール♪ タブレ♪
フランスで人気のこの惣菜について
更に詳しく知りたい方は・・・
上野万梨子さんの著書
「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」
(誠文堂新光社)を是非ご利用ください!




8月アペロディネ メルゲーズムートン



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「パリのしあわせスープ 私のフランス物語」(世界文化社)「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes



1