12月エスカルゴのアペロ"

今月はフランスの
「エスカルゴ(ガーリックバター入り)」を
使ったアペロレシピです。
ニンニクパセリバターを活かして
エスカルゴをより
美味しくお楽しみください。



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

ワインの産地として知られる
ブルゴーニュ地方を代表する料理のひとつが、
エスカルゴのニンニクパセリバターです。
もともとは葡萄の葉につくカタツムリを
使っていましたが、今では養殖されたものに
手間をかけて食せる状態にまでして、
合わせバターとともに殻に詰めて
オーブンで焼き、皿に残ったバターを
パンにしみ込ませていただきます。
今回は12個を4人分のアペロに、あるいは
2~3人分のアントレにするために、相性の良い
しめじとジャガイモを加えて
ボリュームアップさせたレシピでご紹介します。



使用した食材はこちら

エスカルゴ商品を見る


12月のアペロレシピ

ブルゴーニュ風エスカルゴと
しめじのニンニクパセリ
バターソース


レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ エスカルゴ(ガーリックバター入り):12個(1パック)
◇ ブナシメジ:80g
◇ じゃがいも:中1/2個
◇ バター:30g
◇ イタリアンパセリ:少々




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

エスカルゴは焼き皿に並べ、あらかじめ180度に熱しておいたオーブンで8分焼く。


memo
・冷凍のまま加熱してください。
・当商品は、電子レンジでも調理可能です。 透明フィルムに2ヶ所穴をあけて、600Wで約3分加熱してください。




作り方2

殻の中からエスカルゴとニンニクパセリバターを取り出し、ゴムベラで集める。




作り方3

浅鍋またはフライパンにバター15gを溶かし、ブナシメジを炒め、塩をふる。
そこに茹でたジャガイモを加える。




作り方4

2のエスカルゴとバターを加え温め、仕上げのバター15gを加えて溶かし混ぜる。




作り方5

器に盛り付け、エスカルゴの殻とイタリアンパセリを添える。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

エスカルゴ
「エスカルゴの王様」ブルゴーニュ種を使用




作り方に戻る


レシピ と 写真・上野万梨子さん





上野さんに質問!
素朴な疑問、教えてください!



Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん

2020年12月アペロディネ エスカルゴ



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「パリのしあわせスープ 私のフランス物語」(世界文化社)「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes