8月オリーブオイルのアペロ"

今月はイタリアの「無ろ過エキストラバージン」を使ったアペロレシピです。
旬の夏におすすめ!
新ニンニクで作ればニンニク臭さのない
甘みのあるコンフィが出来上がります。

ステーキに、またパンにのせてナイフで
つぶし、トマトやアンチョビとともに
アペロに。
オイルはパスタ、サラダドレッシング、
マリネ、ラタトゥイユをはじめ
あらゆる料理の味付けオイルとして
便利に使えます。



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

毎日のようにオリーブオイルを使って
料理する方もあれば、イタリアンや
フレンチ、サラダを作るときだけ
という方もあるでしょう。
たまにしか使わない場合
気になるのはオイルの劣化です。
そういう方にも、デイリーに
オリーブオイルクッキングを
なさる方にもお勧めしたいのが、
ニンニクのオイルコンフィ。
オイル煮したニンニクは料理の添えに、
オイルはパスタはじめ料理の味付けに
役立ちます。



使用した食材はこちら

オリーブオイル商品を見る


8月のアペロレシピ

ニンニクコンフィ


レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ オリーブオイル:150ml~
(ニンニクの大きさや、鍋の形やサイズによる)
◇ 新ニンニク:2株
◇ ローリエ:2枚
◇ フレッシュタイム(枝付):少々
◇ 粗塩:3g
◇ 粒胡椒(黒または白):小さじ1/3




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

ニンニクは一片ずつにして表面の硬い皮だけ剥く。




作り方2

小鍋に入れ、ローリエ、フレッシュタイム、粗塩、粒胡椒を加える。
(油を余分に使い過ぎないために鍋底ができるだけ狭い鍋で作ること。)


memo
・枝つきのフレッシュタイムがない場合はローズマリー(枝付のフレッシュ)でもよい。どちらもなければローリエだけでもよい。
・鷹の爪(タネを除くか否かは好みで)、オーガニックレモンの厚切りを加えると 辛さとレモンの皮の風味が加わった油になる。




作り方3

ニンニクがやっとかぶる程度までオリーブオイルを注ぐ。




作り方4

火にかけ、オイルが煮立ち始めたらごく弱火にかける。
加熱時間は15分ほど。




作り方5

煮上がったら瓶に入れ、オイルが足りない場合は注ぎ足す。ただしすぐに食べる分はオイルに浸け込まれている必要はないので、ここでオイルを余計に使いすぎ、香りの良いオイルを薄め過ぎないように。


memo
保存食ではないので長期保存目的で作るものではない。一度にたくさん作らず、2週間内には使い切るように。残った油の使い道としてパスタはもちろんのこと、油との相性が良いナス炒めや、ラタトゥイユなどに使うのが合理的。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

無ろ過オリーブオイル
オリーブの成分をまるごと楽しめるオイル




食材2

新ニンニク
乾燥させていないみずみずしい香りと食感が持ち味




食材3

粗塩
海水からつくられる自然の塩でマイルドな味わいが特徴




作り方に戻る


レシピ と 写真・上野万梨子さん





いろいろ使えて便利なニンニクコンフィ

ニンニクコンフィで
夏向きステーキ

ステーキ盛り付け例

ステーキにニンニクコンフィとアンチョビの塩気を添えて、レモンを絞りかければ暑い季節に嬉しいメイン料理の出来上がり。

①牛ステーキ肉を好みの焼き加減で焼く。(写真で使っているのは牛ランプ肉。)
②ニンニクのコンフィの薄皮を開いて盛り付け、細切りにしたアンチョビのフレは塩がわりに。
③ニンニクコンフィをナイフの先でつぶして肉に塗りつけ、セルバチコ、あるいはルッコラの小さな葉も添えて、レモンを絞っていただく。


2020年8月アペロディネ オリーブオイル



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「パリのしあわせスープ 私のフランス物語」(世界文化社)「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes



7