3月ブーダンノワールのアペロ

前回のジャガイモとリンゴとの
グラタンに続いて今回も
フランスのシャルキュトリ
「ブーダンノワール」を使った
アペロレシピです。
ソーセージがテリーヌに大変身!!
コク深いテリーヌを
バゲットと一緒にどうぞ。



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

"ブーダンノワール" はフランス伝統の
シャルキュトリーで、新鮮な豚の血から
作られるソーセージの一種です。

焼いて食べる他、
すでに加熱してあるので、
そのままをレバーパテのように
パンにのせていただくこともできます。
そして今回ご紹介するのは
豚肉とともに
テリーヌに使う方法。
このブーダンノワールがあれば、
作るのはこんなに簡単です。



使用した食材はこちら

ブーダンノワール商品を見る


3月のアペロレシピ

ブーダン ノワールの
テリーヌ

Terrine de Boudin noir


レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ ブーダンノワール:1本
◇ 豚肩ロース:150g
◇ 玉ねぎ(粗みじん切り):極小1個
◇ 無塩バター(エトレ):15g
◇ 塩:小さじ1/2
◇ こしょう:適量
◇ チリペッパー:少量
◇ バルサミコ酢:小さじ2/3
◇ 白ワイン:50ml量




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

ブーダンノワールは皮をむく。


memo
皮は豚の腸なので食せるが、今回のレシピでは中身のみをテリーヌの材料の一つとして使う。




作り方2

豚肩ロースは包丁でごく粗いミンチ状にする。

玉ねぎは粗みじんに切り、バターで炒める。




作り方3

ボールに1と2を入れ、塩、胡椒、チリペッパー、バルサミコ酢、白ワインを加える。




作り方4

ブーダンをゴムベラでつぶしながら全体を練りまぜ、冷蔵庫に半日置く。




作り方5

テリーヌ型またはココットなどの耐熱容器に4の生地を詰める。


memo
・500mlの容器なら1個、250mlなら2個。
・ココットの場合はアルミホイルを二重にし、隙間がないようにきっちりかぶせる。




作り方6

天板に型を置き、型の底から1cm少し の高さまで湯を張る。
小さな型2個の場合は150度のオーブンで30分間湯煎焼きする。
大きな型1個の場合は40分前後湯煎焼きする。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

ブーダンノワール

(豚の血と脂の腸詰)上品な味わいとコク深さが特徴。




食材2

ブレスAOPバター

ナッツを思わせる力強い味と香りの発酵バター。(食塩不使用)




食材3

バルサミコ酢

煮詰めたぶどう果汁を樽詰めし、長期間ねかせた酢。濃厚な甘酸っぱさが特徴。




作り方に戻る


レシピ と 写真・上野万梨子さん





上野さんに質問!
素朴な疑問、教えてください!



Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん

2020年3月アペロディネ ブーダンノワール



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コンドル・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes



2