2月ブーダンノワールのアペロ

フランスのシャルキュトリ
「ブーダンノワール」を使った
アペロレシピです。
じゃがいもとりんごを合わせた
グラタンでどうぞ。



作り方を見る




上野万梨子さんからの食材コメント

フランスの食肉加工文化が生む、
もっともフランスらしい食材の一つ
"ブーダンノワール"は、
新鮮な豚の血から作られる
ソーセージの一種です。

血液というとちょっとこわい気が
しますが、その味はレバーと
炒め玉ねぎ、生クリームを
合わせ混ぜたような風味。

リンゴのソテーやじゃがいものピュレを
添えていただくのがお決まりです。



使用した食材はこちら

ブーダンノワール商品を見る


2月のアペロレシピ

ブーダンノワールと
じゃがいものグラタン

Boudin noir aux deux pommes


レシピイメージ 材料

< 材料 >
◆ ブーダンノワール:1本
◇ じゃがいも:2~3個(皮をむいて正味250g)
◇ りんご:1/2個(皮と芯をのぞいた正味120g)
◇ 無塩バター(エトレ):20g
◇ 塩:小さじ1/2
◇ とろけるチーズ(エメンタールやグリュイエールだとなお良い):20g




食材ひとくちメモ



作り方

How to cook



作り方1

じゃがいもは皮をむき一口大の乱切りにする。りんごは皮をむき、芯をのぞいて同様の乱切りにする。
鍋にジャガイモとりんご、全体がかぶる程度の水、バターを入れて火にかける。


memo
じゃがいもは男爵、きたあかりタイプ(※画像はフランスのじゃがいもです)。 りんごは紅玉が、おすすめ。




作り方2

煮立ったら火を弱め、20分間煮る。




作り方3

火を強めて水分をとばしながら、木べらでじゃがいもとりんごを粗くつぶす。塩加減をみて仕上げる。




作り方4

グラタン皿に3を適量盛り付け、その上に輪切りにしたブーダンを並べる。




作り方5

残りの3をブーダンの上にかぶせて、おろしチーズをふる。
あらかじめ200度に熱しておいたオーブンに入れ、10分間焼く。





▼ 食材ひとくちメモ ▼



食材1

ブーダンノワール

(豚の血と脂の腸詰)濃厚でコク深い味わい




食材2

ブレスAOPバター

濃厚で力強い味と香りの発酵バター(食塩不使用)




作り方に戻る


レシピ と 写真・上野万梨子さん





上野さんに質問!
素朴な疑問、教えてください!



Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん
Q DP
A 上野さん

2020年2月アペロディネ ブーダンノワール



今月のアペロレシピはいかがでしたか?
みなさまの食卓の一品に。
プチ贅沢なひとときをお楽しみください。





上野万梨子さん 上野万梨子さん
プロフィール


フランス料理家、1975年、パリに料理留学。翌年、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。帰国後、東京・玉川田園調布にてフランス料理教室「ラ・ヌーヴェル・イマージュ」を始める。1980年、初めての著書「シンプルフランス料理」(文化出版局)を上梓。当時はまだ珍しい若きスター料理研究家として活躍。1991年には活動の拠点をパリに移し、著作や食イベントの企画・編集などを通じて、日仏の食と生活文化にかかわる発信を続ける。
著書に「パリのしあわせスープ 私のフランス物語」(世界文化社)「アペロでパリをつまみぐい」(光文社)「小さなフランス料理の本」(NHK出版)「プチプチサラダ、つぶつぶタブレ」(誠文堂新光社) WA-fumi a la rencontre des saveurs du Japon (Flammrion) などがある。





軽くつまむ・・・
しっかり食べる・・・
16時からの自由な食のスタイル
それが「アペロ」
あなたのアペロを見つけてみませんか?

アペロって?


レシピ特集

Recettes



2